「ロマンス・プライバシー」の歌詞 フレンチ・キス

2012/7/18 リリース
作詞
秋元康
作曲
若田部誠
文字サイズ
よみがな
hidden
大人おとなになるたび だれもが
正直しょうじきではなくなる
どんなことでも
全部ぜんぶ はなせたママにも
わせられない秘密ひみつができちゃった

夏色なついろカフェテラス パラソルのした
そらかくすみたいに…

プライバシー
こいはじまるとき
このむねのドアにかぎける
友達ともだち何度なんどノックしたって
じっとして いないふりをするよ
あのひと
おもいがとどまで
ここからかない
ロマンスのプライバシー

せつないくらいにきだと
そうわたしじゃなくなる
ぼんやりとしたり
きゅうくらくなったり
自分じぶん気持きもちがどこかおかしくなるの

Love song その歌詞かしうつして
わかるわってひとごと

シンパシー
こいをしているひと
本当ほんとうたすもとめている
ほっといてなんてっていたって
この不安ふあん いてしくなるよ
あのひと
どれほどカッコいいか
いっぱいはなしたいの
ロマンスのシンパシー
プライバシー
Vacancy

どんなときだって
ちゃんといつものわたし
こころかくして
だれにもづかれないおも

プライバシー
こいはじまるとき
このむねのドアにかぎける
友達ともだち何度なんどノックしたって
じっとして いないふりをするよ
あのひと
おもいがとどまで
ここからかない
ロマンスのプライバシー