「ろうそく」の歌詞 ブリーフ&トランクス

2000/12/6 リリース
作詞
伊藤多賀之
作曲
伊藤多賀之
文字サイズ
よみがな
hidden
くろふくにまとい 右手みぎてにハンカチにぎりしめて
みんないている ぼくだけひとりでわらってる
親戚しんせきのおじさんがはこはいってる ろうそくにかこまれている
となりで正座せいざするいもうとがあって おもわずしそうになるぼく
ポンポコ ポンポコ 木魚もくぎょのリズムにたてノリしてしまう
ぼうさんのおきょうからだひびきわたって
ひかあたまにうつる れたろうそくの
退屈たいくつぼくこころたのしませてくれる

御焼香ごしょうこう順番じゅんばんがきて 緊張きんちょうしながらぼくなやんだ
何回なんかいやるのか とりあえず5回ごかいくらいかな
親戚しんせきのおじさんを窓越まどごしにはなあな綿わためられてる
半開はんびらきなくちすこ滑稽こっけいであり おもわずしそうになるぼく
ジャリグリ ジャリグリ 数珠じゅずおとまわりからこえる
ぼうさんのうなじに おきゅうあと目立めだって
ひかあたまにハエが時々止ときどきとまっている
いもうとぼく二人ふたりわらいをこらえてる

霊柩車れいきゅうしゃきんメッキにとれながら 火葬場かそうばでゴムのにおかんじて
みんながすすりくそのでまたいもうとはなつまんでわらいこらえる
二人一組ふたりひとくみでおこつをやさしく骨壺こつつぼれてく
いもうと二人ふたりあばらぼねひろあつめて
ふるえがはげしくおこつすべちて
おもわずしてわらほねこながまった