1. クラブ歌詞

「クラブ」の歌詞 ブリーフ&トランクス

1999/9/1 リリース
作詞
伊藤多賀之
作曲
伊藤多賀之
文字サイズ
よみがな
hidden
「もうあさ4時よじだよ そろそろかえりたい」
「まだ あなた一曲いっきょくおどってないでしょ」
クラブにはじめて彼女かのじょおどるのをてるだけ・・・

「ねえ 一緒いっしょにグルーブにひたりましょうよ」
「やだ ずかしいよぼく遠慮えんりょしとくよ」
彼女かのじょさびしそうに一人ひとりおどっている ここでぼくおどらないといますぐフラれちゃう

Everybody more more breaking shaking now! 自己流じこりゅうダンスしてる
関節外かんせつはずして適当てきとううごぼくだけういているよ
Everybody more more breaking shaking now! DJぼくてる
ぼく中心ちゅうしん半径1mはんけいいちメーター ポッカリけられてる
ぼくだけういている みんなにられている ずかしい

ぼくこの洋服ようふく間違まちがってないかな?
リュックコインロッカーにれたほうがいいのかな?
彼女かのじょがナウいやつおどりにとれてくぎづけ・・・

ひとうたび 自分じぶんうたが
ジュースなんかんでちゃ みんなの仲間なかまになれない
トイレにきたいけど 男二人おとこふたりがそこで葉巻はまきをふかし からだには無数むすうのタトゥー タトゥー!

Everybody more more breaking shaking now! おしっこいまにもそう
テキーラ注文ちゅうもんして一口ひとくちなめる 人間にんげんみものじゃない
Everybody more more breaking skaking now! みんなの足踏あしふんずけて
だれかにぶつかったら あやまりまくる「すいません」 めちゃくちゃダサい
ぼくだけういている みんなにられている はがゆいよ

本当ほんとう自分じぶんかくして 馴染なじもうと 真剣しんけんおど自分じぶんがいる
かっこつけて もてようとすればするほど この空気くうきはだにあわなくてくるしい

はじめて世界せかい想像そうぞうをはるかにぼくとみんなのあいだには一枚壁いちまいかべがある

Everybody more more breaking shaking now! ときどきあしくじくよ
16じゅうろくビートがわからない 貧乏びんぼうゆすりになる
Everybody more more breaking shaking now! 流行はやりをれたい
たばこをはじめてふかしてみる ゴホゴホせきこむだけ
ぼくだけういている みんなにられている くやしいよ