「ゴールデンボール」の歌詞 ブリーフ&トランクス

2015/3/1 リリース
作詞
伊藤多賀之
作曲
伊藤多賀之
文字サイズ
よみがな
hidden
どんなにつよ男達おとこたちでも
よわきたえられぬ場所ばしょがある
弁慶べんけいどころよりいた
ふとももちかくにある グッジョブベイベー

なぜ神様かみさま 体内たいないうずめこまなかったの?
ボクシングチャンピオンも うずくまっていてるのに

のこぼくらの ゴールデンボールよ
人類じんるい滅亡めつぼうのシナリオ ぶちこわしてよ
したかららないで ゴールデンボールを
何億なんおくものいのちがそこで ときってる
ぼくらの未来みらいそら灰色はいいろでもかがやつづけよ

どんなによわ男達おとこたちにも
平等びょうどうあたえられたものがある
大統領だいとうりょう マフィア いじめられっこも
ボールの中身なかみおなじ グッジョブベイベー

でも 自転車じてんしゃときにサドルにはさんじゃって
がするほどの あの地獄じごくがわかりますか?

サバイバル形式けいしきの ゴールデンボールよ
温暖化おんだんかなんてこわくない 子孫しそんのこそう
にぎりつぶさないで ゴールデンボールを
何億なんおくもの希望きぼうがそこで 出発しゅっぱつってる
ぼくらの未来みらいうみにごっててもおよつづけよ

ならべて 微笑ほほえきみがいる きしめたくもなるよ
最初さいしょ金色きんいろ 使つかるなんて… グッジョブベイベー

のこぼくらのゴールデンボールよ
風呂ふろはいるとびるよ ゴールデンバッグが
不思議ふしぎそうに子供こどもてるよ ゴールデンボールを
何億なんおくものライバルいて のこったあと
ぼくらがまれたのなら このシラけた時代じだいけはしない