「タンポポ」の歌詞 ブリーフ&トランクス

2015/3/1 リリース
作詞
伊藤多賀之
作曲
伊藤多賀之
文字サイズ
よみがな
hidden
むしかご片手かたて少年しょうねんがひとり
山道やまみち途中とちゅうで おにぎりべたなつ
おしりのとなりにたんぽぽつけて しろたねやさしくげた。
そよかぜいてもくずれゆく かよわいたんぽぽをはこんで
やま頂上ちょうじょうくちちかづけいきをそっときかけたよ
かぜはこばれてんでく たんぽぽのたねよ さようなら
何処どこかではなかせよ
都会とかいのアスファルトがってることを
らない子供こどもたちは気持きもちよさげに旅立たびだって
ちょうちょとかたった日々ひびおも
青空あおぞら見上みあげながらんでゆくよ

すずめがならんでぶこともあるし
くちばしでカラスにいじめられたりするけど
太陽たいようひかりびながらたね何処どこまでもあきらめることはない
仲間なかま一人ひとり蜘蛛くもにやられていのちうしなった
そんなこともらずにつめたいかぜをうけてふるえるあめ
どしゃぶりにうたれちてく ほか仲間なかまたちよ さよなら
兄弟きょうだいはなればなれ
都会とかいのアスファルトがってることを
らないのこりはなみだこらえてかぜにのる
はるとおくにえる高層こうそうビルだけが
わらってたねをずっとつめてるよ

都会とかいのアスファルトがちかづいたとき
みどり何処どこにもく たんぽぽはもがきいやがって
それでもかぜはおさまらずにたねたちを
無理矢理むりやり 排気はいきガスにんでいく
都会とかいのアスファルトに舞降まいおりたとき
くるまみつぶされ ひとまれてあめにぬれ
少年しょうねんかれたあのときおも
こころおくでそっとえていった