1. 毬と殿さま歌詞

「毬と殿さま」の歌詞 ボニージャックス

1997/1/1 リリース
作詞
西条八十
作曲
中山晋平
文字サイズ
よみがな
hidden
てんてん手毬てんまり てん手毬てまり
てんてん手毬てまりれて
どこからどこまで んでった
垣根かきねえて 屋根越やねこえて
おもてとおりへ んでったんでった

おもて行列ぎょうれつ なんじゃいな
紀州きしゅう殿とのさま お国入くにい
金紋先箱供揃きんもんさきばこともぞろ
駕籠かごそばには 髭奴ひげやっこ
毛槍けやり
ヤッコラサのヤッコラサ

てんてん手毬てまりは てんころり
はずんでお駕籠かご屋根やねうえ
もしもし紀州きしゅうの お殿とのさま
あなたの御国おくに蜜柑山みかんやま
わたしさせて くださいなくださいな

駕籠かごきます 東海道とうかいどう
東海道とうかいどう松並木まつなみき
とまとまりで れて
一年いちねんたっても もどりゃせぬ
三年さんねんたっても
もどりゃせぬもどりゃせぬ

てんてん手毬てまり殿とのさまに
かれて遙々はるばる たびをして
紀州きしゅうはよいくに ひかり
やま蜜柑みかんったげな
あか蜜柑みかんったげなったげな