「アゲハ蝶」の歌詞 ポルノグラフィティ

2001/6/27 リリース
作詞
ハルイチ
作曲
ak.homma
文字サイズ
よみがな
hidden
ヒラリヒラリとあそぶように
姿見すがたみせたアゲハちょう
なつよるなか つきした
よろこびとしてのイエロー うれいをびたブルーに
てにている漆黒しっこくはね

旅人たびびとたずねてみた どこまでくのかと いつになればえるのかと
旅人たびびとこたえた わりなどはないさ わらせることはできるけど

そう…じゃあ おをつけてと見送みおくったのはずっとまえ
ここにいまかえらない
かれ僕自身ぼくじしんだと気付きづいたのは
今更いまさらになってだった

あなたにえた それだけでよかった
世界せかいひかりちた
ゆめえるだけでよかったのに
あいされたいとねがってしまった
世界せかい表情ひょうじょうえた
てではそらうみじる

詩人しじんがたったひとひらのことめた 意味いみをついにることはない
そう それはともに できるならあなたにとどけばいいとおも

もしこれが戯曲ぎきょくなら なんてひどいストーリーだろう
すすむことももどることもできずに
ただひとり舞台ぶたいっているだけなのだから

あなたがのぞむのなら このなど
いつでもしていい
そそたてになろう
ただそこに一握ひとにぎのこったぼくおもいを
すくいげてこころすみにおいて

あなたにえた それだけでよかった
世界せかいひかりちた
ゆめえるだけでよかったのに
あいされたいとねがってしまった
世界せかい表情ひょうじょうえた
てではそらうみじる

荒野こうやいたアゲハちょう
らぐその景色けしきこう
ちかづくことはできないオアシス
つめたいみずをください
できたらあいしてください
ぼくかたはねやすめておくれ