「ギフト」の歌詞 ポルノグラフィティ

2008/8/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
まれながらの才能さいのうのことを神様かみさまからのギフトとひと
ぶらしいけれどぼくのはちっちゃいはこだな

リボンもなくていろだって地味ぢみで みすぼらしいそのはこ
なんかずかしくうしかくしていた

最初さいしょそらんだとりつばさひろげた格好かっこう
どのくらい助走じょそうをつけて地面じめんったんだろう

自問自答じもんじとうきっとそこにはこたえがないことを
意外いがいまえ気付きづいてたかも なやんでる自分じぶんっていた
明日あすかるはしはもろくもくずれそうで
今行いまいかなくちゃ けなくちゃ こころさえかろやかにけたら

どこかでぼくわるこえ みみふさいでやりすごしてた
それでもこえる なんだ自分じぶんこえじゃないか

ゆめおもさはないんだけれどわけばかりなすりつけて
やっかいなものを背負せおっているになってる

まぬ歓声かんせいびるひととお世界せかいさ どうせ
どうせ自分じぶんなんかっておもう そのたびにギフトが

すこしは自分じぶんにも期待きたいしてみたらどう?って
意外いがいにうまくせるかも 想像そうぞうよりもやれるかも
しんじてみることがあまいかどうかなんてさ
自分じぶんしためてみなけりゃ がっつりみつかなきゃかんない

月夜つきよかぶまちのシルエット くろかべのようにそびえ
まれないうちにそっと人知ひとしれず してみせる

威風堂々いふうどうどうぎゅっとむねにギフトをいたままで
はこ中身なかみときいまおそしとっている
明日あすかるはしはもろくもくずれそう
今行いまいかなくちゃ けなくちゃ こころさえかろやかにけたら