「サウダージ」の歌詞 ポルノグラフィティ

2000/9/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
わたしわたしと、はぐれるわけにはいかないから
いつかまたいましょう。そのまでサヨナラ恋心こいごころ

うそをつくぐらいなら、なにはなしてくれなくていい
あなたはっていくの、それだけはわかっているから
つめあったわたしは、可愛かわいおんなじゃなかったね
せめて最後さいご笑顔えがおかざらせて

なみだかなしみをかして、あふれるものだとしたら
そのしずくも、もう一度飲いちどのみほしてしまいたい
りんとしたいたむねに、とどまりつづけるかぎ
あなたをわすれずにいられるでしょう

ゆるしてね恋心こいごころよ、あまゆめなみにさらわれたの
いつか またいましょう。そのまでサヨナラ恋心こいごころ

ときかさねるごとに、ひとつずつあなたをっていって
さらにときかさねて、ひとつずつわからなくなって
あいえていくのを、夕日ゆうひたとえてみたりして
そこにたしかにのこるサウダージ

おもいをつむいだ言葉ことばまで、かげ背負せおわすのならば
うみそこ物言ものいわぬかいになりたい
だれにも邪魔じゃまをされずに、うみかえれたらいいのに
あなたをひっそりとおもさせて

あきらめて恋心こいごころよ、あお期待きたいわたしくだけ
あのひとつたえて…さびしい…大丈夫だいじょうぶさびしい

かえされる よくあるはなし
出逢であいとわかくもわらうもきもきらいも

ゆるしてね恋心こいごころよ、あまゆめなみにさらわれたの
いつかまたいましょう。そのまでサヨナラ恋心こいごころ

あなたのそばでは、永遠えいえんたしかにかんじたから
夜空よぞらがして、わたしきたわ恋心こいごころ