1. ベアーズ歌詞

「ベアーズ」の歌詞 ポルノグラフィティ

2007/8/29 リリース
作詞
Haruichi Sindo
作曲
Haruichi Sindo
文字サイズ
よみがな
hidden
右翼手ライト平凡へいぼんなフライをっことした
2対0にたいゼロ試合しあいがにわかにうご
ちを意識いしきしてた相手側あいてがわのベンチが
あせればあせるほど右翼手ライトあわてだす

日曜日にちようびのグランド うまくはないけれど
白熱はくねつした展開てんかい まもるもめるも

きだってきみほうがうんと上手うわてだからね
じてスイングした 力任ちからまかせにあいしてみたかった
なつ容赦ようしゃない日差ひざしがボールとかさなったら
そのすきにキスをぬすもう 時々ときどきはワンサイドのゲームでいいだろう

ここ一番いちばんってときりきみすぎてしまうから
てれぬ失策しっさく 彼方かなた大暴投だいぼうとう

日曜日にちようび夕暮ゆうぐだれもいないグランドに
二人ふたりかげだけがながびて

自慢じまんじゃないけど そりゃぼくほかだれかとくらべて
特別とくべつなとこなんてない ママチャリのようなおとこだけど
頑丈がんじょうこわれやしないあいをいつでもきみへと
ぎゃくえばぬすまれる心配しんぱいさえないんだから そのてん安心あんしんして

きみおもうよりも ずっとずっとつよくそのにぎれたら

すこしでいいからぼくのもんってきみかんじていたくて
乱暴らんぼうだっていたがっても力任ちからまかせにあいしてみたかった
なつ容赦ようしゃない日差ひざしがボールとかさなったら
そのすきにキスをぬすもう 時々ときどきはワンサイドのゲームでいいだろう