「天気職人」の歌詞 ポルノグラフィティ

2004/9/8 リリース
作詞
新藤晴一
作曲
岡野昭仁
文字サイズ
よみがな
hidden
この地球ほしねむりにつくころ
明日あすそら仕込しこ天気職人てんきしょくにん
黙々もくもくいろわせて
世界せかいおおそらげる

おなじものなんて
二度にどとは出来できやしない
いつでも気持きもちを
ただかたくなに

あめにもちゃんとした素敵すてき理由わけがある
だれかのことおもときにはこぼれる涙隠なみだかくしてくれる
れたらちょっとだけあおいろりて
いたこころとりえがこう いつかはかぜけてゆくでしょう

いつだってしかめっつらかれ
今朝けさ仕事しごとにはすこ満足まんぞく

だからきみこと
はじめてさそえそうなんだ
ずいぶんぐずついたぼく背中せなかして

最高さいこう天気てんき最高さいこう口実こうじつ
かさはなした右手みぎてきみしてみようとおもってる
うみにもまちにもつづいたこのそら
どこまでだってあるいてゆこう まぶしいひかりにつつまれ
そんなふうおもいをめぐらせたそがれに
明日あしたはどんなになるのかな 明日あしたこそはさそえるといいのにね