「極上ランディング」の歌詞 ポルノグラフィティ

2013/3/6 リリース
作詞
岡野昭仁
作曲
岡野昭仁
文字サイズ
よみがな
hidden
アイドリングえて 秒読びょうよみにはいって いざとうか
行方ゆくえ不明ふめいだ どこへランディングをめようか

かんづいているんだ ぼくにぶくたって
時代じだい温度おんど低下ていかしているって
こんなふうじゃキミのにぎっても
つめたいからって いやがるかな

もしも氷河期ひょうがきてもゆめやらなにやらを背負せおって
暑苦あつくるしくこおりかす

アイドリングのまま しばらくはキミとちぼうけした
見果みはてぬ世界せかい何度なんどおもいをはこんでる

だれかがそだてたあま果実かじつ
いつくされて残骸ざんがいやま
全身全霊ぜんしんぜんれいもれたままの
ちいさな希望きぼうたねさがそう

きっと不確ふたしかな努力どりょくでひたすらむなしさの連続れんぞく
のこ進路しんろはこれしかない

勝利しょうりうより敗北はいぼくあじをたくさんるだろう
だけどってボヤけたままでいるよりもめてるあたま
テイクオフをはじめたほうがいいかも

よるえよう うみえよう 明日あしたごう
まだえない大地だいち 凹凸おうとつはげしいつちのままだけど
極上ごくじょうのランディングをめるから キミに目撃者もくげきしゃになってしい