「横浜リリー」の歌詞 ポルノグラフィティ

2006/11/22 リリース
作詞
新藤晴一
作曲
ak.homma
文字サイズ
よみがな
hidden
横浜よこはまのホテルでまちひと見下みおろす
おんなほそゆびでおざなりのキスの名残なごりぬぐ

港町みなとまちらすおんなに お似合にあいの名前なまえだとって
わたしをリリーとんだキザなとこも

よわいくせに馬鹿ばかなくせに本当ほんとうおとこになりたいと
からだきずばかりつくってたとこも

ここにかえってさえすればね またあいしてあげるわ
仁義じんぎなんて流行はやらない言葉ことば うみててよ

本牧ほんもくからわるうわさこえてとき
けわしいかおせた あなたをめるだてすらなくて

どうせわたしのこと不幸ふこうにするならほかにいいひと
出来できたとかね そんなけるものにして

どんなうそだってらないふりをしてきてあげたけれど
部屋へやのドアをときの「じゃあ、また。」はうそじゃゆるさないから

汽車道きしゃみちはし欄干らんかんにのぼってみせて
てもないゆめはなし こんな結末けつまつじゃなかったはずよ

たぶんあなたのことね わたしなんかわすれちゃって
ふるえながらいていてがねにぎってる

横浜よこはまのリリーはいま ちがまちらしてる
だれ彼女かのじょことをリリーとはばないとおまち