1. 渦歌詞

「渦」の歌詞 ポルノグラフィティ

2003/2/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
こごえたよ そらした
はだかのままして
いててよ あたまなか
きしんだガラクタのおと

っててよ れるまで
ひとりきりにしないで
あらってよ からだじゅう
息止いきとめとくからさぁ

あふれそうなみず排水溝はいすいこう
ちいさなうずをつくってながれていく
ぶつかってまわりながらえてゆくの
のぞめばそのままきずりこまれていく

あなたをおもうあまり ごとぼくさそあま刹那せつな
ひとはかないものに なぜかこんなかれつづけてしまう

はなしてよ ふかそこ
エンディングはねむりで
さわっててよ そのした
うしろから裏側うらがわから

どこかつながるはずの排水溝はいすいこう
ながかみからんでふさいでいく
そしてさきくしたのが
ここにあるたったひとつまぎれもない真実しんじつ

わせた指先ゆびさきから かすかぼくとどあま鼓動こどう
ふさいだくちびるから 不意ふいにこぼれちるあま吐息といき

あなたをにくむほどに れてみださけぼくがいる
ひとはかないものに なぜかこんなかれつづけてしまう