「生まれた街」の歌詞 ポルノグラフィティ

2011/11/23 リリース
作詞
岡野昭仁
作曲
岡野昭仁
文字サイズ
よみがな
hidden
ひなびた公園こうえん 夕闇ゆうやみまで 時間じかんわすれてまたかくれんぼ
キミの背中せなかいきひそわらいをころした
毎日まいにち おな仲間なかまでじゃれ
ただひたすらこころおもむくまま

ぼくまれたまちのなかで らずらずしてえんむす
けっしてけないおまじないで 未来みらいまでともえるようになる
またキミにえるだろう

畦道あぜみちけていたら ころんで膝小僧ひざこぞう あかにじ
きべそかいてまでは これほどとおくにかんじるのか
馬鹿ばかだね」あきれながら手当てあてする
ははおこがお いとしいぬくもり

キミはまれたまちのなかで たゆまぬおもいをけてそだ
すこやかであれ そしてつよくあれ なにがあろうとまもってあげるから」
言葉ことばにはないけれど

新緑しんりょくかお草原そうげんうえ ばされそうになった帽子ぼうし
られたら心地ここちよいはずのかぜがおぼろげになびく

ぼくまれたまちのなかで れないほどあたえられた
いくつかはこぼれちたけど たしかなものはここにのこっている
ねむれないよるがあるのなら はは子守唄こもりうたおも
そそまれたその愛情あいじょうむねって明日あすかえばいい
心配しんぱいはいらないから いらないから