「見えない世界」の歌詞 ポルノグラフィティ

2003/9/26 リリース
作詞
岡野 昭仁
作曲
岡野 昭仁
文字サイズ
よみがな
hidden
少年しょうねんたかこころざした
自分じぶんすべかなえられると
はしるスピードかんがえず
まえにひたすらけてった

でもすこしずつえてくる世界せかいには
えないものがおおきくある

想像そうぞうえた現実げんじつぼくらをひるませてゆく
こんないたみをともなうとはおもってなかった
ぼくらがえが理想りそうたとちいさくても
手軽てがるですぐそばにあるものではないのだろう

すでにとらわれはじめてた
せまく息苦いきぐるしいカゴのなか

きっとえないもの たしかめるあまりに
現実げんじつめてしまってた

SOSエスオーエスからぼくらはがれるはずなんだ
きっといたみをともなうのをこわがってる
頑丈がんじょうれないこころ にしてゆく姿すがた
どろにまみれうつくしいばかりじゃないものだ

想像そうぞうえた現実げんじつつかめない理想りそうまえ
そらからあめつよすぎるかぜのいたずらに
うつろう人間ひとこころかなしみやにくしみのまえ
あいをなくした現代げんだいあいいだす困難こんなん
想像そうぞうえる現実げんじつ少年しょうねんおおきくさせる
どんないたみもともれてあるいてゆける
少年しょうねんえが理想りそうつきのようにカタチを
えてゆくけどずっとそらにはあるのだから