1. 電光石火歌詞

「電光石火」の歌詞 ポルノグラフィティ

2012/3/28 リリース
作詞
岡野昭仁
作曲
岡野昭仁
文字サイズ
よみがな
hidden
酸素さんそがもうはい中空なかからっぽ
気力体力きりょくたいりょくもう限界げんかい やれるだけやりってきる
あおそら優雅ゆうがんでいる黒光くろびかりのカラス 余裕よゆうかんじた
わらってた 馬鹿ばかにした そんなした

グルグルとまわって元通もとどお

電光石火でんこうせっかゆめなかまで地平線ちへいせんまで
けるとんだわかかりしオレ カッコかったけど
これからどうかわす? 難易度なんいどはAきゅう
おどらされたピエロじゃイヤだ
理想郷りそうきょうてをりたいからどこまでもぶっばす

自分じぶんなかえそうな欠片かけら
無理むりにでもしてたしかめるそんな状態じょうたい 継続中けいぞくちゅう
ジタバタとやってはいますけどほかでもないキミに
オレの勇姿ゆうしせつけたい けたい れさせたい

ドキドキとしちゃっていた

疾風雷神しっぷうらいじん こいのマジック爆発的ばくはつてき
すべてをえる価値観かちかんおそろしいちから
ふたたがるモチベーションは回復かいふく
キミのためならなんでも出来できる なんてえちゃうから
心配しんぱいないよ 頑丈がんじょう出来できてるから

電光石火でんこうせっかゆめなかまでキミのなかまで
脇目わきめらずはしくオレ さまになってたから
まだ未来みらいうれうのはヤメにして
おどらされてがりくねった自分じぶんらしいみち
ギラギラとカッコつけてぶっばそう