「涙猫 feat. 初音ミク」の歌詞 マチゲリータ,初音ミク

2012/7/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
涙猫なみだねこはいつも夢見ゆめみていた、こごえようがつかむべきほしを。
すべてしてもかれおそれさえもなくばすの、わらずつどう「きみたち」に。
ぼくは、過去かこぼく粛清しゅくせい自身じしんもとめる。
しかし、雪上せつじょうのこと(しかも、ゆきんでしまった)足跡あしあとのこる。言葉ことばともに。
生理食塩水みずきみおおう、ぼくはまぶしくつめるだけで。とめどなくあふれるのは、あなたが存在そんざいしてくれているから。
おには、うたりょう概算がいさん自身じしんもとめる。
しかし、泥土でいとのこと(しかも、どろかたくなってしまった)映像えいぞうのこる。歌詞ことばともに。
ずにねこさそう、かれはまぶしくつめるだけで、とめどなくこぼれるは、ぼくまもるべき存在そんざい
安穏に逃げる人なみだねこおびかくれるだけ、こわれそうではなせない自信じしん
すべをなくしつかれおそれのみちてばすの。
それでいい。こわいのなら、つむってばせばいい。
一番怖いちばんこわいのは、手足てあしみずか切断せつだんしてしまうことだ。
いつでも、ねこそばにいるよ。なにもしないけれど、一緒いっしょにすべての感情かんじょうかんじてくれるんだ。きみにもぼくにも。
生理食塩水みずきみおおう、ぼくはまぶしくつめるだけで。とめどなくあふれるのは、ぼくまもるべき存在そんざい
涙猫なみだねこおびかくれるだけ、こわれそうではなせない自信じしん
すべをなくしつかれおそれのみちてばすの。
己の才覚に限界を感じている人なみだねこはいつも夢見ゆめみていた、こごえようがつかむべきほしを。
すべてしてもかれおそれさえもなくばすの、いつかは。かならず。