「蛞蝓とビガゾー」の歌詞 マチゲリータ,GUMI

2012/3/14 リリース
作詞
マチゲリータ
作曲
マチゲリータ
文字サイズ
よみがな
hidden
とらわれたきみよ。

かべぼくたちがおはなしをしよう。
げる方法ほうほうおしえるさ。

この部屋へや湿しめ陰鬱いんうつとしていて。
天井てんじょうちいさなあないているだけだ。

さあぼくたちをべて。してあげる。
あそこまでって、ここをそう。

すこしづつちぢんでいくから、世界せかいおおきくなる。
りのドレスもここにいていくことになるだろう。

あ、あ、あ、あ、あ、あ!ああ!

ぼくたちをはむんだ、変化へんかするよ。
手足てあしみじかくなっておなじにね。

なにうたがわず、ぼくたちをはむんだろう。
とらわれた理由わけらずに、「たすけて」の言葉ことば
かえうきみ、わめくだけ。

すこしずつちぢんでいくから、世界せかいおおきくなる。
りのドレスもここにいていくことになる。

がつけば、すべてが変貌へんぼう
既視感きしかんつつまれる。

おもしたのかい?

今更いまさらあやまってもおそいのだけど。