「やがて離愁」の歌詞 マルシア

1993/11/21 リリース
作詞
山上路夫
作曲
勝俣公章
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいごにキスを したいけれど
あなたの寝顔ねがお るだけにするわ
おとてずに 着替きがえをすませ
わたし夜明よあけの まち
かれていても わたしにわかる
あなたはわかれの においがするわ
あいだれにも けないから
わかれのわかれの場面ばめんは むかえたくない
どこかとおくのたびまち
やがて離愁りしゅうが このこころひたすわ

このにもしも おとこのひと
いなけりゃおんなかなしまないわ
だけどこいする ことさえらず
きてることなど なおかな
始発しはつ電車でんしゃ この街過まちすぎる
あのみちあのみせ おもばかり
あなたわたしうらんでいない
あまえてあまえてくらした わたしつみ
いまなみだをこらえてるけど
やがて離愁りしゅうが このこころひたすわ

あいだれにも けないから
わかれのわかれの場面ばめんは むかえたくない
どこかとおくのたびまち
やがて離愁りしゅうが このこころひたすわ