1. 季節と雨と涙と歌詞

「季節と雨と涙と」の歌詞 ミオヤマザキ

2015/5/20 リリース
作詞
ミオヤマザキ
作曲
ミオヤマザキ
文字サイズ
よみがな
hidden
だれわたしってはくれませんか?
3まんでいいよ。
うそだよ
だからそんなないでよ

わたしなりにはにしてたつもり
あなたこのみの
さびしい”とか
いたい”とか
可愛かわいえるよう

今何いまなにをしてますか?
わらってごせていますか?
今幸いましあわせですか?
わすれましたか?
だれかのものになりましたか?

はるさくらがキレイだったね
なつ花火はなびしたキスをしたね
すべてが昨日きのうのことのよう
わすれさせてくれないんだね

あき木枯こがらしではなれそうな
ふゆは「さむいね」ってあたためてくれた
あるわけないはずの永遠えいえんさえ
しんじてみたいとおもえたんだよ

あなたとなら何処どこっても
あなたとならなにをしてても
あなたとならどんな瞬間しゅんかんでも
あなたとならどんな季節きせつ

なんで、なんで わたしじゃダメなの?
どうして、どうして あなたじゃなくちゃダメなんだろう

はるさくらひらたび
なつ花火はなびたび
あき木枯こがらしにかれるたび
ふゆだれかとつなたび

きっとあなたをおもすでしょう
きっとあなたをおもすでしょう
そばにいれるだけでよかったの
いまさらもうおそいのに

おも季節きせつって
なかったことになればいいのにな