「芸能界」の歌詞 ミオヤマザキ

2015/5/20 リリース
作詞
ミオヤマザキ
作曲
ミオヤマザキ
文字サイズ
よみがな
hidden
あこがれてた 「いつかあのひとみたいに」
とどかぬきらびやかにかがや世界せかいゆめてた

かくせたモノは
れない
えない
れない
ゆめみ、おかねんだキセキ
あこがれがすべてだった

“ブス可愛かわいい”は“可愛かわいい”に
奇抜きばつ”は“個性こせい”になる時代じだい
握手あくしゅするためにCDをってるなら
なんで私歌わたしうたってるの?

いたくていたくてふるえてたはずなのに
つけまつけまつけまつける流行はやりにながされて

れないしえないしれない
でもつながれる

この時代じだい上手うまくハマっただけさ
このわたし

いまかくさずせる世界せかいわってしまったゆめさき
れる
える
れる
までやすくしておかねながれている

ねぇだれしゅんだれえて
だれがそれをめているの?

この時代じだいにハマっただけさ
ただそれだけ

えなくてもえなくてもひらなおっていけば
つけまつげもはずしてしまえばいい
自分自身じぶんじしんつらぬいて

どこを目指めざ
だれあこが
なにになりたいんだろう

大事だいじひとをただまもりたい
それだけでいい

この時代じだいに“きたあかし”をのこしてゆこう