「小夜子」の歌詞 ミキト(みきとP),赤飯

2012/5/2 リリース
作詞
ミキト
作曲
ミキト
文字サイズ
よみがな
hidden
冷蔵庫れいぞうこなかにはなんにもただあるのはおちゃとおくすり
一錠いちじょうごとにむねがふわふわ 不安ふあんちてく

iphone でるその指先ゆびさきも べたべたとねばかみ
何一なにひと綺麗きれいなもんなんて はずいな

にたくて にたくて そっと
間違まちがって きずをつけた手首てくび
いつしか茶色ちゃいろよごれてる
ったボクのまぶた
カーテンの隙間すきまあさても
気付きづ筈無はずな

友達ともだちのエリもタカユキも 本当ほんとうのトコ 他人ひとのコトなど
にしてるひまいくらい いそがしそうだしな
それにしてもなにこの笑窪えくぼ ありがちな家族かぞく人生じんせい
何一なにひとほこれるもんなんて はずいな

ねむたくて ねむたくて ずっと
このまんましびれるほどねむったら
きて リンゴかじってねむ
無意識むいしき よそおって ゆらり
べランダにのぼってかぜいても
べる筈無はずな

あんなにきなおわらいも
人生変じんせいかえた音楽おんがくでさえ
何故なぜぼくこと否定ひていするの

にたくて にたくて そっと
間違まちがって きずをつけた手首てくび
いつしか茶色ちゃいろよごれてる
ったボクのまぶた
カーテンの隙間すきまあさても
キヅカナイヨ

そんなが そんなが ずっとつづくんやってなげいても

なにかが えるわけじゃ
える筈無はずな
キエテシマオウ
うん、えてしまおう