「悲しみの向こう側」の歌詞 ミトカツユキ

2008/7/9 リリース
作詞
松井五郎
作曲
ミトカツユキ
文字サイズ
よみがな
hidden
夜明よあけがちかづくそら ふたりはとおいね
mailをそっときみていると
それがだれかは すぐにわかる

ぼくにないものばかりを きみさがすから
びだす口実こうじつうそまでついてしまう
そのさきはつながらないまま

もう きずついても きずつけても きみうばいたい
どこかで だれかの しあわせが それでこわれても
もしもこれから もしもきみきていけるなら
ふたりのためにぼくは どんなひかりにでもなれるさ

だまって くlineは どうすればせるの
ふざけてにぎった てのひらのぬくもりに
かなしくて 夜空よぞららいだ

もう 世界中せかいじゅうきらわれてもきみはなせない
こんなにくるしんで げた 笑顔えがお こわしても
えないことばめてる 時間じかんのすべてが
ふたりのためにいつか むくわれるのならば いいのに

こころふかくなるとき あいぼくらになにをためすのだろう
ゆめかなうとき なにを見失みうしなうのだろう
えないいと むすんで またほどいてしまうよ でも…

もう きずついても きずつけても きみうばいたい
どこかでだれかのしあわせが それでこわれても
もしもこれから もしもきみきていけるなら
ふたりのためにぼくは どんな悪者わるものにもなれるさ