「足跡」の歌詞 ミトカツユキ

2008/7/9 リリース
作詞
ミトカツユキ
作曲
ミトカツユキ
文字サイズ
よみがな
hidden
そっとじて 子供こども頃思ころおもすの
無邪気むじゃきまわった足跡あしあと

あれからときながぼくわらずにれたのかな
このひろそら下問したといかけてる

地球ちきゅう裏側うらがわけるとしんじてた
ぼくいまもまだこのむねにいつづけるよ

もしまれわれたとしても だれにもかざらないこころ
いつでもぼくってるよ これからもずっと
ながれてゆくときなかで どれだけのひと出会であえるだろう
出会であいとわかれをかえしながら ゆっくりすすもう

子供こどもころまった時計とけいは あえてめておこう
いつでもその時代じだいもどれるように

うつろいゆく季節きせつ自分じぶん見失みうしなわないで
そうこころかせてこう

もしまれわれたとしても やっぱりぼくぼくでありたい
いつの夢叶ゆめかなえると しんじているから
ながれてゆくときなかで どれだけのひと出会であえるだろう
出会であいとわかれをかえしながら ゆっくりと一歩いっぽずつすすもう