1. こちょばしっこ歌詞

「こちょばしっこ」の歌詞 ミドリカワ書房

2011/7/13 リリース
作詞
緑川伸一
作曲
緑川伸一
文字サイズ
よみがな
hidden
おなじたんぽぽぐみのノッポで
ほそあかるいおんなだった
ぼく彼女かのじょといつも2人ふたり
こちょばし こちょばされ キャーキャーあそんだ

たまにおしりふとももにれてしまうときがあり
そんなときはいつもあま目眩めまい

彼女かのじょかおにしてわらっていた
子供こどもにはつかわしくない淫靡いんびわらいだった
ぼくおなじようなかおをしていたことだろう

つかれたぼくらは遊戯室ゆうぎしつすみ
ならんですわってみんなをながめた
しばらくすると彼女かのじょ復活ふっかつ
こちょばし こちょばされ ゴロゴロころがった

エスカレートしてがつくと彼女かのじょしろいタイツの
なかぼくはいつもれていた

彼女かのじょかおにしてわらっていた
子供こどもにはつかわしくない淫靡いんびわらいだった
ぼくおなじようなかおをしていたことだろう

今考いまかんがえると何故先生なぜせんせい
めになかったのか 不思議ふしぎでしょうがない

彼女かのじょかおにしてわらっていた
子供こどもにはつかわしくない淫靡いんびわらいだった
ぼくおなじようなかおをしていた あのときから
ぼく好色こうしょく人生じんせい道筋みちすじまってた
3度さんど離婚りこんかえし えらく貧乏びんぼう
となり20にじゅうしたおれおんなねむってる