「片想われ」の歌詞 ミドリカワ書房

2011/7/13 リリース
作詞
緑川伸一
作曲
緑川伸一
文字サイズ
よみがな
hidden
アーケードのぐち いつもの通学路つうがくろ
今朝けさ彼女かのじょっていた ずかしそうにっていた
うとぶるっとふるえてた

ひとつ年下とししたで バレー彼女かのじょ
いったい帰宅部きたくぶおれのどこにれたというのだろう
すれちがときなんかってたが こえないフリをした

やりたいときにきなだけ やれる関係かんけいでいいなら
かんがえたっていいけど ってもいいけど
やりたいときにきなだけ やれる関係かんけいがいいけど...
そんな都合つごうのいいはなし あるわけないよな わかってる

手紙てがみもメールも ずっと全部無視ぜんぶむし
かれこれもう一年いちねんだな よくもまありないもんで
修行しゅぎょうかな さてはドMかな

ちち結構けっこうあるとおもわれる
平凡へいぼんなルックスだけど なんか可愛かわいえてくる
それでもやはり おれはどうしても きにはなれないのだよ

やりたいときにきなだけ やれる関係かんけいでいいなら
かんがえたっていいけど ってもいいけど
やりたいときにきなだけ やれる関係かんけいがいいけど…
そんな都合つごうのいいはなし あるわけないよな わかってる

もうすぐ卒業そつぎょうだから こいつらともおさらばだ
昼休ひるやすみの喧騒けんそう して廊下ろうかると
彼女かのじょってたんだ おもめた表情ひょうじょう

図書室としょしつれてかれて めんかってわれた
彼女かのじょ告白こくはくおれあわててついくちすべった

「やりたいときに、きなだけやれる関係かんけいでいいなら、
かんがえたっていいけど、ってもいいけど」
「それでも私構わたしかまいません。先輩せんぱいのそばにいたいです」
彼女かのじょはそうこたえたのだ なんて最低さいていなんだろおれ

彼女かのじょがホッとしたように 微笑ほほえんだ
とりあえず放課後ほうかごうちにてもらう約束やくそくをした