1. 豆電球の灯りの中で歌詞

「豆電球の灯りの中で」の歌詞 ミドリカワ書房

2006/7/19 リリース
作詞
緑川伸一
作曲
緑川伸一
文字サイズ
よみがな
hidden
豆電球まめでんきゅうがそこいらじゅう橙色だいだいいろめている
ぼくはおしっこがしたくなって ましてしまった

でも一人ひとりくのはこわいなぁ どうしようかなぁ
しょうがない おとうさんについててもらおう

てるおとうさんをこすのは可哀想かわいそうだけど
あれ? おとうさんなにやってるんだろ? はだかんぼだ

かあさんのうえっかってるぞ おかあさんもはだかだなぁ
なに二人ふたりともくるしそうなかおえるな

いやそれよりもぼくはおしっこがしたいんだ もれそうだ
「おとうさん」とこえをかけると 二人ふたりうごきがまった

とうさんはパンツ一丁いっちょうぼくをトイレまで
れてってくれた もどってると おかあさんは
布団ふとんくびまでかけて をつぶっていたんだ
ぼく布団ふとんはいって 無理矢理むりやりをつぶった

とうさんになにやってたの?ってきたかったけど
なんだかこわくてけなかった