1. 銭湯の思い出歌詞

「銭湯の思い出」の歌詞 ミドリカワ書房

2011/7/13 リリース
作詞
緑川伸一
作曲
緑川伸一
文字サイズ
よみがな
hidden
湯船ゆぶねうぼくらがさわいでいると いつもおじさんに怒鳴どなられた
「うるせーなガキども!」坊主頭ぼうずあたまでプロレスラーみたいだったおじさん

おじさんのでっかい背中せなかには 綺麗きれいなカッコいいいてあって
それはおしりにまでとどほどおおきなおおきなものだったんだ

あるとき「おじさんの背中綺麗せなかきれいだね」とったら
「バカヤロー綺麗きれいなもんか」とれるように背中せなかかくした
それが刺青いれずみというものだったということるのはだいぶあとになって

おじさんにはむすめさんがいて いつも一人外ひとりそとっていた
ぼくらは湯上ゆあがりのからだましつつ おんな様子ようす観察かんさつした
おじさんがるとおんなは コーラを一気いっきして
おじさんのぶっというでつかまった 母子家庭ぼしかていぼくうらやむばかり

あんなおとうさんがいたらなあ 二人ふたりながらいつもおもった
おんなきながらダミごえうたってたうた
人生じんせいかたらず」といううただったということるのはだいぶあとになって

中学生ちゅうがくせいになってぼくらは 銭湯せんとうかなくなってしまった
そしてあのおんなおな学校がっこうになるとは まさかおもってなかった
そもそもおなどしだったとは なんだか大人おとなっぽくえたから
テレビに女優じょゆうさんのような 彼女かのじょぼく夢中むちゅうになった

ぼくおもいをけて うんよくこと出来でき
「あんなおとうさんがいたらなあ」というあのころゆめ
23にじゅうさんになるはるかなうんだっていうことるのはだいぶあとになって

いまでもお義父とうさんとはたまに 銭湯せんとうことがある
背中せなかすこしぼんでしまったが やさしい笑顔えがおとダミごえはあのころのまま