1. 雄と雌の日々歌詞

「雄と雌の日々」の歌詞 ミドリカワ書房

2005/7/20 リリース
作詞
緑川伸一
作曲
緑川伸一
文字サイズ
よみがな
hidden
まえしろかべを ずっとていた
いそがしそうに小走こばしりで 看護婦かんごふさん
おれ長椅子ながいすすわってるあいだに
いのち手術しゅじゅつを あいつはけてた
わかすぎるおれたちには まだ おやになる勇気ゆうきがなかった

もしもおれたちが ガキじゃなくて 自立じりつしていたなら
まぼろしじゃなくて いま おれのそばに子供こどもがいたのかな

その何日なんにちまえ あいつの親父おやじ
はなしをした すこしだけ あいつのいえ
無口むくちおとこ二人ふたりは おたがうつむいて
親父おやじさんは一言ひとこと 「まぁ しょうがねぇな」
おれひとだとおもった ものすごおこってたんだろうな

何故なぜか あのころおれたちには つみ意識いしきなんかまった
それからもりもせずに おすめす日々ひびつづいた
わかさって いまおもうと ものすご残酷ざんこくなんだよな
あいつとはわかれたけど ひでぇおんなだった 七人ななにんとやってた

おれ子供こどもじゃ なかったかもなぁ
おれ だまされてたのかも しんないなぁ
おれ子供こどもじゃ なかったかもなぁ
おれ だまされてたのかも しんないなぁ
Oh oh oh Ah ah Ah ah ah...