「馬鹿兄弟」の歌詞 ミドリカワ書房

2005/7/20 リリース
作詞
緑川伸一
作曲
緑川伸一
文字サイズ
よみがな
hidden
あまったれたクソガキがだらしなく 戯言ざれごとかみにタラタラいた
それからふゆよるやみへと げるようにクソガキはえた

ガキにはあちこちに借金しゃっきんがあった それはおそろしいがくになってた
てのチンピラにおどされてた いのち危険きけんかんはじめた

クソガキのアパートにやって母親ははおや ゴミ屋敷やしきのような部屋へやなか
小汚こぎたな文字もじでタラタラかれた みにく遺書いしょがあった

母親ははおやはすぐ捜索願そうさくねがいした 警察けいさつひとわり親切しんせつだった
そのころガキは勇気ゆうきなんかなく
友達ともだちいえ転々てんてん彷徨さまよっていた ニヤニヤしながら

まわりにあるのは 偽物にせもの友情ゆうじょうだけだった ごまかしだけだった

クソガキの兄貴あにき東京とうきょうにいて かねにならないうたうたってた
おとうと失踪しっそうしたといて ただなさけなくてはらった

おとうとよりむしろ母親ははおやのことが 心配しんぱい心配しんぱい仕方しかたなく
電話でんわかられる母親ははおやこえかなしくふるえてた

さん年後ねんごあき 兄貴あにきところ招待状しょうたいじょうた ガキの結婚式けっこんしき
東京とうきょうのヤツは チョコチョコれてきた時期じき
招待状しょうたいじょうなかに "一曲いっきょくうたってよ"って むかしおななつかしいきたな文字もじ

んじまえ 卑怯者ひきょうもの みんなに心配しんぱいかけやがって
いいなもんだ みんないそがしいんだ おまえなんかにかまってられるか
んじまえ 卑怯者ひきょうもの んだほうが よっぽどましだ
あのとき そこまで かんがえた兄貴あにき

招待状しょうたいじょうよめだまってわたして 手帳てちょうひらいて日付ひづけまるをした
自分じぶんうたうたうのは ずかしいので
カラオケで いつもうたう ハマショーのうたうたうことにした
結果けっかが 「もうひとつの土曜日どようび

兄貴あにきはニヤニヤ 仕事しごとかけた
クソガキのよめは すこぶる美人びじん