1. 五月雨歌詞

「五月雨」の歌詞 ムック

2006/8/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ある本心ほんしんりてきて
ずぶれなぼくに「つまらない」とこうった
それがこえなかったぼく
あめたれながらずっとかささがつづけていた

本心それあめたれながらぼくあとをずっとついてきた
べつなにをするでもなくまるであめたれるのが
うれしいかのようわらいながら

ふとそら見上みあげると電線でんせんには一匹いっぴき小鳥ことり
かなしそうにいている
突然降とつぜんふはじめた五月ごがつあめ
僕等ぼくらにはつめたすぎた

このあめはじめた頃皆ころみなてなかった小鳥ことり
一人ひとりとうとしてふかきずってしまう
もう大好だいすきなあのともあのそらまわこと出来でき
なに出来できかなしくてんでしまう

結局雨けっきょくあめがやむまでかさつけられなかったぼく
本心それきながらちいさなかさしだしてきた
なにわずぼく
「つまらない」とこうった

あめなかでひとりぼっちのぼく
むれからはぐれてきずついた小鳥ことり
突然降とつぜんふはじめた五月ごがつあめ
僕等ぼくらにはつめたすぎた

このあめはじめた頃皆ころみんなてなかった小鳥ことり
一人ひとりとうとしてふかきずってしまう
もう大好だいすきなあのともあのそらまわこと出来でき
なに出来できかなしくてかなしくてんでしまう

やっとあめがやみあかるいひかりそらからはじめるころ
小鳥ことりつちうえつめたいからだよこたわっていた
あのあのときあの場所ばしょにあのあめさえらなければ
小鳥ことり今頃皆いまごろみな一緒いっしょ大空おおぞらまわっていたんだろう