「嘆きの鐘」の歌詞 ムック

2007/3/28 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ときぎゆく その葛藤かっとうなか
自分意義じぶんいぎするため価値かちなが
えてゆく
ひがしそらちかった決意けつい
がむしゃらにえがつちかったおも
どこへゆく

どれだけこの日常にちじょうがどんなにたりまえであったのか
証明しょうめいいま 証明しょうめい
ながながゆめから目覚めざめた子供達こどもたちくした
夕焼ゆうやけは すべてをくした

落下断裂らっかだんれつ こえむなしく そのねがとどかず
存在そんざい意義いぎ きてくあかし どこへしるせばいい?

なげきのかねすべてのわりしめすかのよう
命刻いのちきざんだかずだけ
なげきのかねが この現実げんじつえ とまぬ
見上みあげることの出来できそらひび

カラカラいた
憂鬱ゆううつむし
まえは どこへゆくのだ
いろ景色けしき 背負せおって
ても道無みちなみち

なげきのかね命刻いのちきざんだ歌夜うたよかずだけ
すべてのわりしめしてゆく
なげきのかねが この現実げんじつえとまぬ
見上みあげることの出来できそら
ゼロになれ。すべうしなった なにもかもがかえった
そんなちっぽけな物語ものがたり
いまれろ そこにとどまる価値かちなんてありゃしねえ
声無こえなこえさけうたつよ