1. 流星歌詞

「流星」の歌詞 ムック

2006/5/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ちいさな花宿はなやど枕木まくらぎ 平行へいこうならびた線路せんろ
素足すあしあるいてく草原そうげん ふと見上みあげればつき星空ほしぞら
流星降りゅうせいふそそぐパノラマ 何万光年なんまんこうねんまたた
紺碧こんぺき清空彩せいくういろどるスパンコールのギリシア神話達しんわたち
にじんだ爪先つまさき そら見上みあげるきみ
きながらあるいてくよごれたままのてのひら

わすれないよ きみあいした景色けしき本当ほんとういろ
だけどいま星屑ほしくずさえもまぶしすぎて

なみだふるえる恋人こいびと
つないだそのかなしいほどあたたかく

わすれないで きみ夢見ゆめみ未来みらいうつくしさを
流星りゅうせいえた星達ほしたち きみ笑顔えがお

きみそら ふさいだぼくめてくれよ
見上みあげたそら今何いまなにおもう?

なみだふるえる恋人こいびと
つないだそのは かほそ力無ちからな
ながれるあなたのなみだほしになり
このそら めうくして いま流星りゅうせいわれ

清空せいくう いろど星々ほしぼし 夜露よつゆれた線路せんろした
てた枕木まくらぎはかな命宿いのちやどしろ四弁しべんはな
つないだはなれぬように
つないだ指離ゆびはなさぬように

頭上ずじょうそそ流星りゅうせい まるで五月雨さみだれ小夜時雨さよしぐれ
潔癖けっぺき大地だいち裸足はだしあるく この線路せんろだけを手掛てがかりに
つなきみあたたかく
よごれたままのてのひら

流星降りゅうせいふりしきるパノラマ あるいてく にじんだつまさき
つないだはなさぬように
つないだ心千切こころちぎれれぬように