1. 羽歌詞

「羽」の歌詞 ムック

2010/10/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
最終さいしゅうのバスにられなんとなく かえ外灯がいとうながめてます
ひじをついた自分じぶんねむりかけの街並まちなみはぼんやりと交差こうさしてく

やがておわることをって サヨナラをんだとしても
どうしておもうのだろう わらぬ景色けしきなかにポツリ

雨音あまおと時間じかんめた 麻痺まひした感覚かんかくをとかして
曖昧あいまいこころらしたよる

最終さいしゅうのバスはガタゴトおとをたて 見慣みなれた街並まちなみはしってゆく
今日きょうもあいにくの雨模様あめもよう まどガラスの水滴すいてき虹色にじいろかがやいては

えた まるでいまぼくうそをついた子供こどものようだと
どうしておもうのだろう わらぬ景色けしきなかにポツリ

ねむれないまち片隅かたすみ せま空眺そらながいていた
あいをくれあいしておくれ ほら
こんなにもあふれてるのに どうしてぼくにはくれないの
ここはどこ?大好だいすきなきみはどこ?

いたいよいますぐきみに もうってるのもつかれたよ
なんでだろ 今日きょうぼく

フワフワとそらんでる きみまち見降みおろすくらい
ゆめなのかな こんなふうべたらいな
雨音あまおとがすべてをめた
二人ふたりねがいはながれてしまった
こんなにも無情むじょうよるなか

最終さいしゅうのバスはぼく見送みおくって

きみ場所ばしょ