「遺書」の歌詞 ムック

2004/9/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
だれもわかっちゃくれやしない いま ぼくくるしみつづける意味いみ

もうなにしくない 「きる」ことにえる日々ひび
みんながんだようなぼく見下みくだしてる
この薄暗うすぐら部屋へやと あたたかなひとりきりが
ぼく理想りそう友達ともだち心安こころやすらげる場所ばしょ

とうさんおかあさん ごめんなさい もう ぼく
わりなき「苦痛くつう」の洪水こうずいながされてしまいそうです
だっていまぼくの「希望きぼう」は このまま時計とけいをとめて
じてしまうことだから「永遠えいえん」に

みんな うわべだけの「前向まえむき」をありがとう
簡単かんたんかなしいふりをして わらってるおまえらがぬほどきらいです
ぼくにとって「きる」こと それは おまえらにとっての「ぬ」ことで
感情かんじょうかたまり今日きょうぼくつぶ

マスメディアはたやすく僕達ぼくたちくるしみを「情報じょうほう」にえる
ためらいもなくかなしいふりをする ぶざまな信仰信者しんこうしんじゃ
僕達ぼくたちがこの「いのち」「あか」をかんじるには
ぬ」ことでしかつたえることは出来できないのですか
もしぼくねむっても 教室きょうしつつくえはなかないでください
かなしさの演出えんしゅつはいらないから

この世界せかいぼくらを つくして
この世界せかいぼくらは ころされた