1. 雨のオーケストラ歌詞

「雨のオーケストラ」の歌詞 ムック

2007/6/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
真白まっしろなノートペンをはしらせきみとのおもはじめる
まどそとはあののように昨日きのうからまないあめ
いつまでもかえまどたた

ポツリ ポツリ ひとつ ふたつ
しずかにしたまどそと
天気予報てんきよほうどおりのあめ きみかさって出掛でかけたかな?

「さよなら今日きょう」を幾重いくえかさねる
そら見上みあげればひかりつぶ
ありふれた日常にちじょう 残響ざんきょうのオーケストラ あめかなでた

罪人つみびとまちなかまよわずにきみつけられる
葉桜はざくららす初夏しょかあめきみるのをってるぼく
れてしぼんだネコ きみかさねて

紫陽花あじさいみたいだね
あざやかに街並まちなみかさ
真赤まっかなビニールがさ きみ横顔よこがお あかめた

木陰こかげ鳥達とりたち そらちわびてる
生憎僕あいにくぼくはこのあめいやじゃない
かさひとつたたんでちいさなぼくかさきみまねいて

りんとした空気くうきせきった 指先ゆびさきかる距離きょり
今日きょうきみかみげ、昨日きのうよりも大人おとなえた
ありふれた日常にちじょう まってゆけ

あめつくえにペンをおいた。そらはいつしかながはじめた
ぼくきみについていたうそ、きっときみってたよね。はじめから。

ぼくらの失敗しっぱいあめながれ、やがて僕達ぼくたちながした
きみえがしあわせのぼく姿すがた見当みあたらない
そのうつっていたぼく
罪人つみびとまちなかまよわずにきみつけられた
葉桜はざくららす初夏しょかあめ、いないきみさがしてるぼく
かぜかおりきみうつ