「バスを待っている僕ら」の歌詞 メレンゲ

2006/4/5 リリース
作詞
クボケンジ
作曲
クボケンジ
文字サイズ
よみがな
hidden
バスていでバスをっている となりにはきみがいる
きみ普通ふつうおんな だれにでもやさしいひと
みんなのまえわらってさ だれかのいたみが自分じぶんみたいに
つよ部分ぶぶんよわ部分ぶぶん時々寂ときどきさびしいをしてるひと

きみをもっとわかってたいな だれもがってる君以外きみいがい
むねおく首輪くびわをつけた さびしいきみとその理由りゆう
ぼくはいつもわかっていたいんだよ

ガイドみあさって さりげなくせたらきみ
友達ともだちさそってさ みんなできたいね」って
きみ普通ふつうおんな すこしだけど、のんきなひと
うなずいてみせたけど ほんとはちょっとせつなくなった

このおもいをつたえたいな でもこたえは想像そうぞうできる
そのこたえのせいでぼくら もっととおくにはなれるのかな
いつもここでそれが邪魔じゃまをする そして今日きょう言葉ことばみこむ

ただバスをっているきみ
なにかをとしてれた今日きょうかなしいことっておもうんなら
いたりしてもいいんだよ
それをきみつたえられたらいいのに

きみをもっとわかってたいな だれもがってる君以外きみいがい
むねおくはないの つよがるきみとそのいいわけを

きみにずっとくっつきたいな おかしなひとって われるほどに
あめがって にじがかかって きみのほほをらすひかり
ぼくはいつかなれたらいいな きみにいつかつたわればいいな