「ボタン」の歌詞 メレンゲ

2009/1/14 リリース
作詞
クボケンジ
作曲
クボケンジ
文字サイズ
よみがな
hidden
9月くがつわりの すこ肌寒はだざむ午後ごご
なつうし姿すがたにまだとれてるよ
きみをふっとおもすよ
すごくいたいとかではないけど

ぼくいま 東京とうきょうまちんでいるのです
こんなふうきみにちょっと手紙てがみいてみる
すつもりなんかないから
とどくはずなんかない言葉ことば

いつかえるはずもないでも わすれるはずもないひと
こんなとこまでたら えるとおもってたひと

えきからとおきみへはバスがとおってたっけ
かえみち 一人ひとりったのをおぼえている
ります」のボタンをすのが
なんとなく苦手にがてだったな

ばったりえるといいな 都合つごうのいい妄想もうそうふくらむよ
だれかがすのをってた 「ります」のボタンのように

いつかえるはずもない でも わすれるはずもないひと
こんなとこまでたら えるとおもってたひと

きっと明日あしたになったら すぐにはおもせないひと
やっぱりしてみようかな
とどくための ぼくのドアをひらくボタン