「たどり着いたらいつも雨降り」の歌詞 モップス

1972/7/25 リリース
作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
つかてていることは
だれにもかくせは
しないだろう
ところが おいらは
なんのために
こんなにつかれて
しまったのか
今日きょうという
そんなにも おおきな
一日いちにちとは おもわないが
それでも やっぱり
かんがえてしまう
アー このけだるさはなん
いつかは どこかへ
ちつこうと
こころ置場おきばを さがすだけ
たどりついたら
いつもあめふり
そんなことの くりかえし
やっとこれで
おいらのたび
おわったのかとおもったら
いつものことでは
あるけれど
アー ここも やっぱり
どしゃぶりさ
こころなかかさをさして
はだしであるいてる
自分じぶんがみえる

ひと言葉ことば
みぎみみから ひだりみみへと
とおりすぎる
それほど
おいらのあたまなか
からっぽに
なっちまってる
今日きょう何故なぜかおだやかで
らんかおしてる
自分じぶんがみえる