「ハートレス クラシックメモリー」の歌詞 ユナイト

2014/1/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あのころぼくげた言葉ことば いまおぼえていますか?
何千何万なんぜんなんまんにんよりも きみに このうたよ さあとど

きみ最後さいごにくれた手紙てがみ まるっこい文字もじなつかしくて
きみに またえるがしていたのに 文字もじにじんでた

ねがいがひとつかなえられるのならば このおもきみつたえたい

こんな後悔こうかいだけが渦巻うずま世界せかいぼく存在そんざいしたくないよ
もどりたい つたえたい 一言ひとことい“きみきだよ”

つたえきれなかった おもいようたって きみのもとへ さあとど

ゆがんだ日々ひびなかぼくきみうしなった
みとめたくないよ つよいはずのきみ何故なぜ

いつもさわがしいバスていが やけにしずかにかんじたんだ
そんなあのころちが現実げんじつなみだあふてきた

今更いまさらあのとききみかせたこと一人ひとり 後悔こうかいしても
えなくて さびしくて さけびたくて こころこわれそう
でも わかっているよ さけんでも くるしいだけだなんてこと
だからうたうよ とどけるよ だれよりも ただ一人ひとりきみ

とどくはずのないこのおもいをうたせて
きみまでとどいたらいな
こえるはずのないこのうたきみとどいたら
あのころのようにまたわらって

夜空よぞらひかるひとつのほし