「汚染」の歌詞 ユナイト

2015/3/18 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
一際耳ひときわみみにつくゆがんだ疎密波そみつは
都度つど白々しらじらしい謝罪しゃざいももうとうにきた
清白せいはく画布がふひろがっていく薄汚うすよごれたくろ
汚染おせん拡大かくだいする”

あぁあ こえしてしまったらそれでわりだね やりなおすべはもういのです
unhappy new warp
さて りないあたまかんがえてみよう たった今君いまきみなにうしなったのか

最後さいご審判しんぱんだれくだすのかを かんがえるのには十分じゅうぶんすぎる余地よちあたえたはずだった
喧騒けんそう一転いってん 静寂せいじゃくのMとう 世界せかいから隔離かくりされたきみ
いもしないだれはなしをしているのでしょうか きみこえはもうぼくにはこえてはいないのです

はじまりのどくはたった一雫ひとしずくおおくのひとこころむしば
たったいまひろがりつづけている おろかな自信過剰じしんかじょうというつみ

だれもいない部屋へやこだまする疎密波そみつは くろまった画布がふへと 浄化じょうか一雫ひとしずく