1. 歩道橋歌詞

「歩道橋」の歌詞 ラバーキャロッツ

2004/11/3 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いつか突然とつぜんあなたがあののままで
かえってきたらぼくはあまりのよろこびとおどろきで
びはねるでしょうか?
それともくだらない月日つきひごし
大事だいじだったあなたをわすれること
ぼくにとっては必要ひつようでしょうか?

だぶんすべてはときときうご
僕等ぼくらまえすす
その途中途中とちゅうとちゅう出会であたしかなひかり
やすらげる眼差まなざしをおぼえてるからうつむかずにあるけるのさ ホラ

区役所くやくしょまえ歩道橋ほどうきょう
ぼく肩車かたぐるましてのぼってくれたおも
昨日きのうことのようであなたの最期さいご
いまではもうむかしことのようで
えなくなった現実げんじつ
をそらしていました

だぶんすべてはときともうご
僕等ぼくらまえすすむ その途中途中とちゅうとちゅう出会であたしかなひかり
やすらげる眼差まなざしをおぼえてるからうつむかずにあるけるのさ ホラ
あるけるのさ ホラ