「紅」の歌詞 ラバーキャロッツ

2004/11/3 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
紫色むらさきいろ花模様はなもよう ふるいデザインのカーテン
にしたものてるほどの勇気ゆうきぼくにはない
だれかつけてた香水こうすい景色一瞬変けしきいっしゅんかえられた
しんじるものすくわれるなら みんなしんうのに
やすらぎもとめる毎日まいにちすこつかれたなら
まり見上みあげよう 一面いちめんにひろがる

くれないまるそら まちえる
自分じぶんちいささがイタイほどわかった
大切たいせつこといつも わかってるつもり
よるがくるのもたりまえだとってる

オレンジいろ街角まちかど ハーモニカいてみる
だれかにそっとかせること気分きぶんかせる
かるはずみな言動げんどう自分じぶんめる
くしたものはなかったもの自分じぶんかせる
ガスのない百円ひゃくえんライターみたいな日常にちじょう
つかなくなってしたくなって ポケットにれる

くれないまるそら なにげなくてる
いつもみたいに とおぎるのはもうめた
ながれるときなかつけたしあわ
たりまえのこのそら下噛したかめる