「君想い」の歌詞 リュ・シウォン

2011/11/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
季節きせつめぐるたび なにあたらしいものが
きみ表情ひょうじょうにまた芽生めばえること よろこび、かなしみ
バスていのベンチで さびしそうにっていた
あの姿すがた いまえないで 面影見守おもかげみまもっている

いつかつみ背負せおい いつかあいたた時計とけいまわ

君想きみおもなみだして 君想きみおもれる
かぞえきれないほしたちが ほら、かがやいてる
君想きみおもせつなくて 君想きみおもあさ
そのみちらしてあげるよ

きみまもるために ぼくができることなど
そんなにおおくないだろうけれど こころはなれないまま

ゆめむね宿やどかた背負せお未来みらい けないように

君想きみおもいたくて 君想きみおもじる
出口でぐちみつけられずにうつむうし姿すがた
君想きみおもえなくて 君想きみおもい つらいけど
いつまでも あいしているから

君想きみおもなみだして 君想きみおもれる
かぞえきれないほしたちが ほら、かがやいてる
君想きみおもせつなくて 君想きみおもあさ
そのみちらしてあげるよ

ひたすらに 灯火捧ともしびささげて