「もっと遠くへ」の歌詞 レミオロメン

2008/7/30 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
もっととおくへきたいとねがった
たった一度生いちどうまれてきた奇跡きせきはかれない
だから だからこそこわいのかもしれない
レールにっかるのも無限むげんひろがる自由じゆう

まだ未来みらい こたもとめても
くもはちぎれて かぜほしうえつづける

どこまでってもゴールはいつも
こころおくにあるものだから
どの十字路じゅうじろつな未来みらいへも
まえ一瞬いっしゅんすべてをささげて
けるよ まだ明日あした
どんないろにもまってないさ
きみ出会であえてぼくよわさと
はじめてえた まよいのこうに
ひかりもとめて

ありのままきようとしてきずつくだけの日々ひび
きみぼく誤魔化ごまかせないおもいをむねめている

ゆめとどかず こいやぶれて
なみだそこふるえる感情かんじょう気付きづいたよ

何度なんどだってやりなおせる
だけどいま二度にどない
こころおく手付てつかずの場所ばしょ
めばいたくてなみだちるけど
すすんでくのさ 時代じだいのせいや
だれかのせいにするくらいなら
もう一度夢いちどゆめえがけるはずさ
青空あおぞら奇麗きれいきみ笑顔えがお
ひろがっていくように

ぼりあたらしい世界せかいはじまる
表現ひょうげんつづけるんだ

ありのままを

あきらめないで そのこころ
めたみちはしけて
つよかぜいたこそ
だれよりも はやつようつくしく
けてよ ゆめなか
ひかりほうやみいて
きっとこたえはひとつじゃないさ
あらゆる全力ぜんりょくくしてくのさ
もっととおくへ

きみとの出会であいをきしめてくのさ
もっととおくへ