「オリオン」の歌詞 レミオロメン

2009/11/25 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
れたまちふゆかおりがすこ
二人ふたり背中せなからす月明つきあかり
はこかぜなによりも自由じゆう
そんなふうきたいとおもったよ
内側うちがわをさらす 迷路めいろをくぐりけて
ちかくにけたらいいのにな
つたえたい言葉ことばさがすけど
いきこごえてて からだった

あなたのとなりからほし
あまりにも奇麗きれいだから
このままあるきたい
夜空よぞらたすかぜ月光げっこうおよいでいる

まちあかりに呼吸こきゅうかさなりって
ざわめきのなか 言葉ことばはいらない
をたどるひかりなによりやさしくて
そんなふうきたいとおもったよ
ツリーがれてる イルミネーションのなか
もとめるのはだれぬくもり
人混ひとごみのなか たったひとつのあたたかさに
出逢であったよ おたがいにけられた

あなたときること かつこと
この一秒いちびょうなかにある
粉雪舞こなゆきまりて距離きょりちかづいてゆく ほら

まぶしいゆき反射はんしゃ
ばたいた無名むめいわたどりようあおつき

つめたいあたためてからだって

あなたのことが
このとき一秒いちびょうずつ過去かこになって
いつかはおも夜空よぞらたすほし
まるまであるかないかい
オリオンが
冬枯ふゆがれのまちなかながぼし
ぼくらを横切よこぎって彼方かなたちてゆくよ
ゆきめるまちけて