1. 五月雨歌詞

「五月雨」の歌詞 レミオロメン

2005/3/9 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
水溜みずたま飴色あめいろれていた
羽閉はねとじたむしは どっかんでいった
いつのにか んでいってしまった
ぼくら じっとしていたくなかった

かがやきはアスファルトはな
ロウの羽根はねしょってえがいたそら

びしょれだけど さよなら さよなら
にしないでね
ぼくらは雨滴あまつぶでもめるさ
見上みあげたのは 青空あおぞら 青空あおぞら
バットみたいに げた
かさひらいてはないた

水溜みずたま飴色あめいろ空映そらうつした
タイヤから れたあぶらひかった
いつのにか にじかった
僕等ぼくら 裸足はだしのままはしったんだ

自由じゆうとはアスファルトはな
ロウの羽根溶はねとけて目指めざしたそら

びしょれだけど さよなら さよなら
にしないでね
ぼくらはえるかぜ平気へいき
おもだけ 青空あおぞら 青空あおぞら
かさじゃべない 勘違かんちがいのてに
きずついてもわらえた

見慣みなれることのないそら まばたきはストロボ
若葉わかばこすれるおと つちにお
日差ひざしにとけた 五月雨さみだれ

びしょれだけど さよなら さよなら
にしないでね
ぼくらは雨滴あまつぶでもめるさ
見上みあげたのは 青空あおぞら 青空あおぞら
バットみたいに げた
かさひらいてはないた