「午後の低気圧」の歌詞 レミオロメン

2006/10/12 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太,前田啓介
文字サイズ
よみがな
hidden
まばたきしたなら だれももういない
よくれたわる白昼夢はくちゅうむ
かぜえるほど そらちかくにえた
わらってみるほど こころゆるままった

うみよりふかあいまでもぐれない
そらよりたか理想りそうまでべない
ただそこにあるものだけかんじさせて
ただ心開こころひらいてそこにいさせて

欠伸あくびしたなら だれももういない
よくんだわる白昼夢はくちゅうむ
裸足はだしになるほど 地面じめん近付ちかづいた
ここにきる術以外すべいがいなららない

うみよりふかあいまでもぐれない
そらよりたか理想りそうまでべない
ただそこにあるものだけかんじさせて
ただそこにあるだけのぼくでいさせて

はなさわいだ
にぶってしまうのがこわいとおもった
わってしまうよ 気付きづかない程小ほどちいさく

そっと見上みあげた青空あおぞられたい
やさしい気持きもちだけでくもかびたい
午後ごご低気圧ていきあつかぜあつめて
はなびらをどっかにばしてしまった

午後ごご低気圧ていきあつかぜあつめて
はなびらをどっかにばしてしまった