「大晦日の歌」の歌詞 レミオロメン

2010/3/3 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
等々力とどろきから年越としこしそば
ってかえって公園こうえんよって
あるきながら奇跡きせきよう
夕日ゆうひたね 奇麗きれいだったね
はなやいだまちあと
部屋へやかえってベランダにとき

つき半月はんげつすこいて
きみわらってるだけでしあわ
ほし幾千いくせんときかなでて
今光いまひか

雲一くもひとつないれた夜空よぞら
しずまりかえほしのハーモニー
ひびわた大晦日おおみそかうた
ひとそれぞれの第九だいくよう
テレビはどれもにぎやか
おもおもいに今年ことしかえ

そばはぎてやわらかくて
きみはごめんねってわらってた
つきしずころはきっと
としけるね

何年先なんねんさきおなようそら見上みあげて
何年経なんねんたってもこのひびきをきみきたいな

つきはビルとビルのあいだ
しずんで除夜じょやかねひびいた
くもるガラスにのひらでふた
けた未来みらい
ぼく別々べつべつねむりのなか
どんなゆめもとめていくだろう
初夢はつゆめなかうまでおやすみ
けたつきした